pickup10

学 校 概 要
歯科医療のスペシャリストを養成する

浜松歯科衛生士専門学校

学校概要

メッセージ

浜松歯科衛生士専門学校は、地域歯科医療に貢献し得る歯科衛生士の養成を目的とし、一般社団法人浜松市歯科医師会が全面バックアップで設置・運営しています

一般社団法人浜松市歯科医師会 会長
大野 守弘
“歯科衛生士”あなたも目指しませんか

 一般社団法人浜松市歯科医師会は、医道の高揚、歯科医学医術の進歩発達と公衆衛生の普及向上とを図り、地域住民の健康保持、増進に寄与することを目的とした歯科医師の集まりです。約440名の会員で組織され、市民の皆様のお口の健康を守るための検診事業、啓発・広報活動、歯科医療発展のための歯科医学・技術の研鑽、そして歯科衛生士の養成を行っています。
 歯・口腔には、食べる(噛む・飲み込む)、話す、呼吸する、感情表現など様々な働きがあり、全てのライフステージに応じた歯・口の健康づくりや口腔ケアの支援が必要です。歯・口腔から全身の健康や生活の質の維持向上をはかる歯科衛生士は、今、社会から必要とされる専門職です。
 浜松歯科衛生士専門学校は、地域の歯科保健医療を担うべき社会の要請と歯科医師会員の熱意によって、歯科医師会が昭和58年4月に設立し歯科医師会が運営している歯科衛生士専門学校です。静岡県西部で最も長い歴史と伝統をもち、浜松市及び周辺市町に地域歯科医療を支える優秀な人材を送り続けることを誇りにしています。
 歯科医師会員の親心から、本会では“学校部”という歯科衛生士専門学校を支援することを目的とした部会をつくり、約20名の歯科医師がチューターとして常に学生を見守っています。ぜひ、歯科医師会立の利点である豊富で優秀なる講師陣・豊富な実習医療機関で学び、国家資格である歯科衛生士をめざし、勉学に励むとともに、将来の財産となるように多くの人と交友を深めていただきたいと思います。
 私達歯科医師と共に、知識と技術と熱い想いを持って、私たちが住む町の地域歯科保健を充実させ、多くの人の健康づくりを支えていきましょう。地域になくてはならない“歯科衛生士”あなたも目指しませんか。

浜松歯科衛生士専門学校 校長
一般社団法人浜松市歯科医師会 副会長
才川 隆弘
国家資格の健康づくりスペシャリストです

 歯科衛生士は歯や口腔の健康を育み守ることを職務とし、食べる幸せ、話す幸せを支援する国家資格の健康づくりスペシャリストです。
 本校は浜松市保健所・母子保健センターに隣接し、浜松市口腔保健医療センター、浜松市歯科医師会、浜松市薬剤師会と同じ建物の中にあります。陽の光にあふれ、緑の木々に包まれた静穏な環境の中で勉学に励むことができます。
 講義・実習は、卒業生から分かり易いと定評の本校自慢のベテラン・中堅専任教員をはじめ、浜松市歯科医師会の会員講師、浜松医科大学・浜松医療センター・静岡大学等協力の下、それぞれの分野のエキスパートが授業・実習を担当しています。臨床・臨地実習は、浜松市歯科医師会の全面協力を受け会員診療所による臨床実習を中心に、介護保険施設・公私立病院・小学校・幼稚園及び浜松市口腔保健医療センターなどで幅広く行われています。
 本校の最大の特徴は、実際に診療をしている歯科医師が学校内の身近なところにおり、質問することができることです。浜松市歯科医師会には本校学生をサポートするため学校部が設置されています。学生数人ごとに歯科医師が指導教員として配置され授業内容や実習の理解を深めるため歯科衛生士専任教員と連携をとりながら学生を指導しています。
 また、歯科保健医療への社会の要請に応えるため、現在高齢者に焦点を広げ対応し、嚥下内視鏡・鼻咽腔モデルを使った吸引実習など全国トップクラスの設備と指導体制を整えるなど、より充実した教育を行うため常に改善・改革に取り組んでいます。
 社会から求められる歯科衛生士になるため、まずは本校に入学、しっかり学んで卒業、そして国家試験に合格すること。これからも浜松歯科衛生士専門学校は国家試験100%合格を目指し続けます。

一般社団法人浜松市歯科医師会 会長
大野 守弘

“歯科衛生士”あなたも目指しませんか
 一般社団法人浜松市歯科医師会は、医道の高揚、歯科医学医術の進歩発達と公衆衛生の普及向上とを図り、地域住民の健康保持、増進に寄与することを目的とした歯科医師の集まりです。約440名の会員で組織され、市民の皆様のお口の健康を守るための検診事業、啓発・広報活動、歯科医療発展のための歯科医学・技術の研鑽、そして歯科衛生士の養成を行っています。
 歯・口腔には、食べる(噛む・飲み込む)、話す、呼吸する、感情表現など様々な働きがあり、全てのライフステージに応じた歯・口の健康づくりや口腔ケアの支援が必要です。歯・口腔から全身の健康や生活の質の維持向上をはかる歯科衛生士は、今、社会から必要とされる専門職です。
 浜松歯科衛生士専門学校は、地域の歯科保健医療を担うべき社会の要請と歯科医師会員の熱意によって、歯科医師会が昭和58年4月に設立し歯科医師会が運営している歯科衛生士専門学校です。静岡県西部で最も長い歴史と伝統をもち、浜松市及び周辺市町に地域歯科医療を支える優秀な人材を送り続けることを誇りにしています。
 歯科医師会員の親心から、本会では“学校部”という歯科衛生士専門学校を支援することを目的とした部会をつくり、約20名の歯科医師がチューターとして常に学生を見守っています。ぜひ、歯科医師会立の利点である豊富で優秀なる講師陣・豊富な実習医療機関で学び、国家資格である歯科衛生士をめざし、勉学に励むとともに、将来の財産となるように多くの人と交友を深めていただきたいと思います。
 私達歯科医師と共に、知識と技術と熱い想いを持って、私たちが住む町の地域歯科保健を充実させ、多くの人の健康づくりを支えていきましょう。地域になくてはならない“歯科衛生士”あなたも目指しませんか。

浜松歯科衛生士専門学校 校長
一般社団法人浜松市歯科医師会 副会長
才川 隆弘

国家資格の健康づくりスペシャリストです
 歯科衛生士は歯や口腔の健康を育み守ることを職務とし、食べる幸せ、話す幸せを支援する国家資格の健康づくりスペシャリストです。
 本校は浜松市保健所・母子保健センターに隣接し、浜松市口腔保健医療センター、浜松市歯科医師会、浜松市薬剤師会と同じ建物の中にあります。陽の光にあふれ、緑の木々に包まれた静穏な環境の中で勉学に励むことができます。
 講義・実習は、卒業生から分かり易いと定評の本校自慢のベテラン・中堅専任教員をはじめ、浜松市歯科医師会の会員講師、浜松医科大学・浜松医療センター・静岡大学等協力の下、それぞれの分野のエキスパートが授業・実習を担当しています。臨床・臨地実習は、浜松市歯科医師会の全面協力を受け会員診療所による臨床実習を中心に、介護保険施設・公私立病院・小学校・幼稚園及び浜松市口腔保健医療センターなどで幅広く行われています。
 本校の最大の特徴は、実際に診療をしている歯科医師が学校内の身近なところにおり、質問することができることです。浜松市歯科医師会には本校学生をサポートするため学校部が設置されています。学生数人ごとに歯科医師が指導教員として配置され授業内容や実習の理解を深めるため歯科衛生士専任教員と連携をとりながら学生を指導しています。
 また、歯科保健医療への社会の要請に応えるため、現在高齢者に焦点を広げ対応し、嚥下内視鏡・鼻咽腔モデルを使った吸引実習など全国トップクラスの設備と指導体制を整えるなど、より充実した教育を行うため常に改善・改革に取り組んでいます。
 社会から求められる歯科衛生士になるため、まずは本校に入学、しっかり学んで卒業、そして国家試験に合格すること。これからも浜松歯科衛生士専門学校は国家試験100%合格を目指し続けます。

HOME メール 問い合わせ