学校概要

学校の歴史

昭和58年4月浜松市歯科医師会により・地域歯科医療に貢献する目的で開校されました。
本校は常に時代に先んじ臨床現場に即した歯科衛生士の養成が特徴で、浜松市歯科医師会の協力の基、熱心な教育が行われています。卒業生は千名を超え、その伝統は今も引き 継がれています。

昭和58年4月 社団法人浜松市歯科医師会の会立として開校
昭和59年4月 第1回戴帽式挙行
昭和59年5月 臨床実験、衛生教育実習開始(歯科診療所、保健所、医科大学、小学校、幼稚園、心身障害児施設)
昭和59年6月 歯の衛生週間行事参加開始
昭和60年10月 第1回卒業研修会開始(卒業生を対象とした研修会)
平成6年1月 創立10周年記念式典挙行
平成9年9月 矯正専門歯科臨床実習開始
平成10年9月 小児専門歯科臨床実習開始
平成12年7月 高齢者福祉体験プログラム開始
平成21年4月 専門課程 歯科衛生士科 2年課程から3年課程に移行
平成23年3月 施設・環境整備により2・3階の改修工事及び設備・備品の拡充を完了
平成25年3月 新マニキン実習室改修工事完了
平成25年4月 新教育課程(新カリキュラム)に移行
平成27年4月 新基礎実習室 ユニット・チェア・視聴覚機器設置工事完了
平成28年4月 虚弱高齢者歯科摂食嚥下機能訓練機材一式設置(内視鏡ファイバースコープ・吸引モデル・吸引器)
平成29年4月 介護・虚弱高齢者の口腔内診査・指導・ケアのための実践的口腔管理機材一式(多目的研修用ケアシュミレータ、マナボット、注水吸引歯ブラシ)

TOPへ戻る

学校の特色

浜松市歯科医師会が設置、充実した生きた教育を実践

歯科衛生士は人の生命と健康にかかわる尊い仕事です。専門的な学問と熟練した技術、豊かな人間性と人間愛に満ちた奉仕と協調生の精神、そして自立性を3年間にわたる段階的な教育で育みます。

浜松市歯科医師会では、地域に貢献できる優秀な歯科衛生士を養成するため、医療現場からの要請に即応する教育を実践しています。臨床経験豊富な歯科衛生士の専任教員、浜松市歯科医師会の歯科医師、浜松医科大学、公私立総合病院の医師等エキスパート、地域の有識者を迎え、丁寧で分かり易い熱心な講義・実習が行われており、卒業後にすぐに役立つ知識とレベルの高いスキルを習得できます。
臨床現場からの生きた言葉による講義・実習、充実・豊富な臨床・臨地実習施設、専門知識・技術を確実に習得する三科実習、必勝合格100%の国家試験対策、就職率100%の就職支援、卒業後のステップアップ研修や復職支援など、多くの施策があります。
開校当時からの伝統を継承して平成21年度3年課程に移行し、更に日々進化し続けています。

教育環境
浜松市保健所に隣接する4階建ての共同ビル(浜松市口腔保健医療センター・浜松市歯科医師会・浜松市薬剤師会)の3・4階を専有。医療人育成の絶好の教育環境にある。また、JR浜松駅よりバスで10分程度の交通至便の地にある。

合格率100%の国家試験対策プログラム
国家試験対策の補講や模擬試験、小テストや口頭試問(面談)。個々を確実にバックアップするシステムを構築。充実のサポートで100%の合格率を維持しています。

学生相談
スクールカウンセラーによるカウンセリングを行っています。

※詳しくはトップページの『PICKUP 10』をご覧ください。 → トップページへ

TOPへ戻る

教育目標

1.学問と技術の習得 2.豊かな人間性の育成 3.人に貢献できる力と誇りの獲得

教育方針

豊かな人間性と人間愛に満ちた奉仕と協調性の精神をもち、臨床で役立ち地域歯科医療の振興に寄与する歯科衛生士を養成する。

教育の特色

社会の変化に対応

医療を取り巻く環境の変化に即応し、時代が求める歯科衛生士を養成します。
1.医療の質の変化  2.歯科医療機関における変化  3.地域的な特色

目標とする歯科衛生士像

医療の担い手として生命と健康に対する崇高な思想を持ち、学ぶものとして自律性を備えた歯科衛生士

教育方針


TOPへ戻る

目標の資格

取得できるつの資格

1

歯科衛生士国家資格

2 ケア・コミュニケーション検定資格
患者さんとの信頼関係、医療スタッフのチームワークについて、より高度なコミュニケーション能力を習得します。心のこもった交流による援助者と被援助者双方の安心と信頼とともに、歯科衛生士としての喜びや生きがいも得られ、現場での活躍が期待されます。
3 介護職員初任者研修資格
高齢者や障がいのある方に身体介護や家事サービス、相談・助言により生活をお手伝いする大切なお仕事です。歯科衛生士が併せ持つことで口腔ケアなど超高齢化社会を現実に支える存在として期待されています。
TOPへ戻る