キャンパスライフ

キャンパスライフ

キャンパスライフ

キャンパスライフ

2018年10月
医療安全

2年生の授業科目に医療安全があります。救命救急医療の現場と実際、基本と実技について、手指衛生・消毒、感染予防、器材の洗浄・消毒・滅菌、感染ウィルスについてなど、患者さんと専門職者自身の身も守るため多くのことを学びます。

この日は榛原総合病院の医師内山講師により、レサシアンモデルを使用しての胸骨圧迫(心臓マッサージ)、人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)による電気的除細動など、学生全員がトレーニングを受けました。

もし緊急の場面に遭遇したら、そんな状況をイメージして真剣に取り組みました。歯科診療所やバス停など様々な場面を想定し、周りにいる人に協力を求めどう対応するのかを学びました。


学生さんの感想 (^.^) 

  • 心臓マッサージは体力も必要でセット間に人工呼吸もあり大変なことが分かりました。
  • 実際の場面に出くわしたら大変だけど、やるっきゃないと思いました。
  • AEDを自分が使えるかの不安がなくなりました。音声による案内は心強いです。

HOME メール 問い合わせ